ランタンの検討 06

DCコンを探しました。
リチウムイオン電池4-8本、LED4個を基本線と言っても、適当なコンバーターが見つからなければ、考え直さなければなりません。
これなどは機能的に申し分ないですが、もう少し効率が高ければな、というところです(自分の使用条件での効率はも少し上がるかもですが)。
LED用定電流ドライバモジュール(0~1000mA可変)<降圧型>
https://strawberry-linux.com/catalog/items?code=13075
選択肢として残しつつ、とりあえず保留して他を探してみます。

安いながらも、使えそうなのがありました。
HiLetgo 5A大電流 定電圧電流 モジュール LEDドライバー [並行輸入品]
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01120UJ2U/ref=oh_aui_detailpage_o09_s00?ie=UTF8&psc=1
駄目でもともとと買ってみました。

何の説明もついてませんでしたが、写真右の可変抵抗が電圧調整、左が電流調整用でした。
出力を12V1Aに設定し(12Ωセメント抵抗に接続)、入力電圧を変えて効率をみてみます。怪しい数字もありますが参考までに。
入力電圧 23.9V 電流 600mA 効率 84%
入力電圧 20.9V 電流 670mA 効率 86%
入力電圧 19.9V 電流 700mA 効率 86%
入力電圧 17.9V 電流 770mA 効率 87%
入力電圧 14.9V 電流 890mA 効率 90%
入力電圧 14.4V 電流 930mA 効率 89%
入力電圧 13.9V 電流 930mA 効率 89%
入力電圧 12.9V 電流 1030mA 効率 90%
入力電圧 11.9V 電流 1030mA 効率 93% ※この時出力は11.7Vに低下
これは大したものです。リチウムイオン4本直列だと効率は90%前後でしょうか。
ちなみに短時間ではありますが発熱は感じられませんでした。また出力も安定していました。

電流調整のテストです。
電流調整用の可変抵抗が10KΩなのですが、ここに(既存のものはそのままに)2KΩの可変抵抗を外付けで追加してみました。

元々の可変抵抗を目一杯10KΩまで回した状態で、2KΩの抵抗を回すとうまいこと電流調整できます。min0.001mA-max980mA位。コンバーターはこれで決定していいでしょう。
そうすると電池の選択は18650×6直は後退し、26650×4直か18650×4直×2並[各直列に逆流防止用ダイオード]かに傾いてきました。

 

2017年03月13日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
ランタンの検討 05

LEDの選択にあたり、色温度をどうしようかと考えました。
市販LEDハンディライトは白色がほとんど、暖色はかなり少数派です。
しかしランタンになると暖色のものが目立ってきます。やはりランタンは暖色が好まれるのでしょうか。
などと考えていたら今度は演色性も気になってきました。
いろいろと調べてみましたが、これなどはとても参考になりました。
http://www.tlt.co.jp/tlt/lighting_design/design/basic/data/10_22.pdf

人間の目には色順応なるものがあり、色温度が違っても白いものは白く見えるようで、光分布が自然昼光や電球光に近い光源では、色温度が違っても、ほとんどの物の色はちゃんとそれらしく見えるということです(色彩恒常)。
「分光分布が自然昼光や電球光に近い光源では」という条件付なので、LEDランタンにそのまま当てはまるわけではないですが、興味深いです。

また、照度が低いと色温度の低い暖色光が好まれ、照度が高くなると白色光が好まれるらしく、高照度の照明に低色温度の光を使うと暑苦しく感じ、低照度の照明に高色温度の光を使うと陰うつな雰囲気になるということです。
LEDランタンの照度で暑苦しく感じることはなさそうなので、むしろ陰うつな雰囲気にならないようにした方がよさげです。3500-5000K位を中心に考えてみます。

演色性については、商用照明でもないし、最初はあまり気にしていなかったのですが、これまた興味深いことが書かれていました。
高演色ランプで照らされた部屋は、より少ない照度で、白色蛍光ランプで照らされた部屋と同じ明るさ感が得られるとのことです。
うーむどれほどの違いなんでしょう。人によって感じ方が違いそうですし、その違いはあまり大きいものでないようにも思われますが、ちと気になります。

実際に見なければ分かりそうにないので、いくつかLEDを買ってみます。

2017年03月13日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
ランタンの検討 04

4W雷神多灯4AA小型ランタン、その後8W4D大型ランタンと目論んでいたのですが、雷神多灯ランタンはとりあえず見送りに。いや決して暗いわけではないのですが、明るさ、ランタイムとも中途半端で、面白みに欠けるように感じられてきました。
そうすると8W4Dも今一のように思われてきました。12Wで2000lm程度を目指してみます。

12Wを目指すとなると4Dでは不足です。しかし6D、8Dは気が乗りません。円筒型リチウムイオン充電池を軸に考えます。26650×4、18650×6、18650×8あたりで。

LEDは、一個のハイパワーだと、拡散方法を検討しないとですが、どうやっても多少のロスが生じます。またLEDの駆動電流を増加させると効率が低下するドループ現象というやつもあります。LEDは4個を基本線にします。

2017年02月20日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
ランタンの検討 03

DSCN6596

DSCN6595

組み立ててみました。

1.4~1.5Aで光らせてみます。
うーむ。十分明るいのでしょうが、思ったほどでもないような。望みが高すぎるでしょうか。

これを4AAで駆動させるプランを暖めていたのですが、気持ちがしぼんできました。
とは言うものの、この多灯八角柱は勿体ないので、なにか形にしてみたいとも思います。

2017年01月18日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
ランタンの検討 02

Vfの個体差があるため、LEDの並列接続はあまり好ましくないようですが、そうも言ってられません。
ちなみに白色の方の雷神は20個買ったのですが、ほぼ定格の電圧をかけて、個々の電流を計測してみると(電流計挿入ではなく、直列に入れた抵抗両端の電圧から計算)、最大11mAの差がありました。電球色の方は10個購入。総じて白色より数mA少なかったです。値の小さい固体を除いて使用。まぁ許容範囲とします。

DSCN6593

表にはアルミホイルを貼ってみました。

DSCN6592

白いコードはアノード。2本あるのは、全面(8面)発行と3面発光を切り替えるようにしてみようかと考えたからです。

 

2017年01月12日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
ランタンの検討 01

以前からランタンを作ってみようかと思ってはいたのですが、手を動かしてみました。
問題は、散光と防眩でしょうか。

とりあえず、多灯式で考えてみました。
日亜のNF2W757G-V1が欲しかったのですが、入手できませんでした。
で、
NSPWR60CS-K1 雷神超広角 白色 16個
NSPLR60CS-K1 雷神超広角 電球色 8個
の組み合わせでやってみます。
雷神が出たのは何年前でしょう。今更感もあるのですが。

ちなみに白色の方はエルパラさんで、電球色の方は新光電子さんで購入。
買ったのは数ヶ月前だったのですが、今は白色の広角はなくなったようです。電球色の広角は残数4でした。

DSCN6589

DSCN6590

基板(ECOOL)を切り出しました。これを組み合わせて八角柱にします。

両脇は少し角度をつけて削りました。これはその際の道具です。

DSCN6594

 

余録 12/25 フクダ電子アリーナ観戦

皇后杯決勝 アルビL 0-0 I神戸 PK4-5

1/2 未明の護摩堂山登山

 

 

 

 

2017年01月10日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
OHM LHA-03A7 改 16

一度は道具を片付けて、作成は無期延期と思ったのですが、やおら再開して作り上げました。

DSCN6586

写真右はテールキャップです。テールスイッチを外した箇所の穴に、1mm厚アクリル板をはめました。何かの銀色のシートを中に貼りましたが、今一でした。
光学系はコリメータ(NX-05)がいいサイズだったのでこれに。少し削って調整してます。
先端のレンズはなしでコリメータ露出です。
Oリングはこのライトのオリジナルパーツをそのまま使用。
写真中央のリングは蓄光テープです。

DSCN6587

全長はOFF時で88-89mm。
操作感はいいです。
明るさは、確かに他の1AAライトよりあります。
スポットはかなりぼやけてます。NX-05がスポット緩めなのに加え、Cree XPL の発光体が Luxeon 等に比べて大きいのでしょうがありません。使ってみると、これはこれで実用性高いのですが、どうもインパクトに欠ける気がしています。よきリフがあれば換えるかもしれません。
あと、Cree XPL が半球状ドームの四辺をカットした形をしているためと思われますが、十字形に明るい帯が出ます。壁面照射して観察すると分かりますが、実用的には気になりません。

覚書
・基板は今までで一番きれいに彫れたと思う。
・コンバーターモジュールの一番下のFRP板とその上の基板が平行にならず、少し傾いた。それを修正しようと上の銅板は意図的に傾けた。結果全体として少しいびつになった。アルミねじ部分上部に接着した銅板はそのままで、前のモジュールに合っているのだが、新モジュールには少し低いようだ。新モジュールの底のFRP板が傾いて、GNDの接触箇所が少なくなった上に、その接触も甘く、しばしばHi点灯時にフリッカーが出る。対策検討にとFRP板が傾いて生じた隙間にアルミホイルを折って差し込んでみると、とても具合がいい。このままでよしとする。
・テールスイッチ部分、半田付けしていたスプリングが離れた。やはり無理があったか。ヘッド側、電池の先にある0.5mm厚のゴムを1.0mm厚に変更した。更にテール底の0.3mmアルミ板を外した。本体テール側ねじを更に少し削ったら、締め込みがしっかりしてHi点灯も問題なく出来るようになった。結果オーライで、操作感がよくなった。
・本体部分が短く、やや手になじまない感じがする。

 

2016年12月20日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
OHM LHA-03A7 改 15

LEDを載せて、半田付け。LEDは放熱用接着剤で銅板につけました。銅板下の空洞はエポキシ系で充填。
また前回切り出した銅板もアルミねじ筒に放熱用接着剤で接着。

DSCN6564

電気経路接点に接点改質剤、LED周辺に放熱用シリコングリスを塗布。

LED+コンバータモジュールを組み込みました。順調です。いや順調でした……。

DSCN6565

DSCN6567

 

光学系として最初は古いリフレクタ(おそらくIMS17mm)を試してみました。
削って調整して、まだ少し長い。あ、ちょっと締め込過ぎたか。でも点いてる。OK。も少しここを削って、と、あれ点かない。点かない。なんで。結局、もう一度コンバータを露出させてチェック。2ヶ所に接触不良が。ヘッドを締め込みすぎた影響だったのでしょうか。
何とか直せました。が、今度は+OUTのワイヤが外れて付け直し。+OUTをLED側にも半田付け。が、しばらくして撚線ワイヤの内の1本(とても細い)が半田付けされず遊んでいるのに気付きました。切ろうかと思ったのですが、後で半田付けしようかとも思い、とりあえずLED側にねじ曲げたまま放置。
動作確認。正常。組み込んでもOK。光学系はコリメータにしようかな。とりあえず接点改質剤、放熱用シリコングリスを塗り塗りして、これでよし。と、あれ点かない。点かない。なんで。なんで。

どうやらICが死んでいるようです。原因は断定できませんが、半田付けされていなかった細い1本のワイヤが、アルミねじ筒とモジュールの間に挟まって出力側でショートしたものと想像しました。としたら、あぁ、なんであの時切っておかなかったのかと。
もう諦めようか、作り直そうか…。

追記 12/3~4 中越地区指導者講習会
12/4 赤い羽根募金

2016年12月05日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
OHM LHA-03A7 改 14

ヘッド側に戻ります。
コンバーターの上に1mm銅板を載せました。放熱はこれくらいでもいいかなと思ってましたが、アルミねじ筒の上部に段差があり、1mm銅板が厚さ半分程度しかフィットしません。そこで段差に合わせて更に銅板パーツを切り出しました。

DSCN6563

 

ところでOFFにするのにテールを約220度緩めるという話をしましたが、テスト中ずっとヘッド側に0.5mm厚ゴムを挟むのを忘れていました。これを挟んだところ、ヘッド側が少し上がって、OFFまで約170度緩めればOKとなりました。

 

余録 11/27 映画「君の名は。」

 

 

 

 

2016年11月30日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
OHM LHA-03A7 改 13

計測値追加

満充電NiMH
Lo 70-80mA
Hi 330-340mA

新品アルカリ
Lo 60-80mA
Hi 340-350mA

 

2016年11月25日│記事の投稿者:toyama│ | コメントはまだありません
▲このページのトップへ